現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

イクイリブリアムボトル#120
  • NEW
商品コード: #001120

イクイリブリアムボトル#120

通常価格(税込): 6,050
販売価格(税込): 6,050
ポイント: 165 Pt
関連カテゴリ:

単品 > イクイリブリアム

名前:ベルセボネ
色:クリア-/オレンジ
容量:50ml

神話では、ペルセポネは冥界の女神または女王として知られています。
ゼウスとデメテル(ローマ神話のセレス)の娘であるペルセポネは、子供の時からずっと非常に保護されていました。
デメテルは、ペルセポネを見た人たちが恋に落ちることを恐れて、彼女の美しさと精神の純粋さを誰にも見られたくなかったのです。
ペルセポネが野原で踊り、蝶々と楽しんでいたときに、大地が裂け、プルトーが黒い馬/戦車で現れ彼女を冥府に連れ去ったと言われています。

それとは矛盾するストーリーがあって、ゼウスはデメテルがそれを許さないことを知っていたので、プルトーがペルセポネを略奪することを許したと言われています。
デメテルは、娘を失ったことに余りにも取り乱し、種まきも大地での成長を育むことも一切しませんでした。
やがて人間たちの飢餓の叫びが、地上界の神々に聞こえるようになり、ゼウスがプルトーと交渉するに至りました。
プルトーは、ペルセポネが1年の2/3を母親と過ごし、1/3を冥界で彼と過ごすのを「許可」することに同意しました。
これが季節を構成しました。しかしプルトーはその交渉で、ペルセポネともう一夜を過ごすことを懇願し、その最後の夜にプルトーはペルセポネの元にやって来て何が起こったのかを話し、ザクロの実を彼女とシェアしました。

冥界の果物を食べた者はそこに戻らなければならないという伝説に基づき、この企みによってペルセポネは、常に冥界に戻る運命となりました。
デメテルは、収穫、農業、豊穣の女神であり、ペルセポネがそばにいない冬の間は、土地は不毛になり、古代ギリシャ人はペルセポネの名前を非常に恐れ、彼女の名前を口にすることを避けました。
したがって、彼女の名前の解釈は、闇をもたらすものと光をもたらすものの間で交互に繰り返されます。
「そなたは私が闇だと気づいていない」とハデス(プルトー)が言ったとき、ペルセポネが「そしてあなたは、私があなたよりも影をよく理解していることに気づいていない」と返答したことを、私は思い出します。

したがってペルセポネは、光と闇の二元性、つまり私たちが影なくして世界や自分自身の中で生きることができないことの表現です。
オレンジのタイムラインのヒーリングと光をもたらすクリアの層を通して私たちが個性化に向かって旅するとき、私たちには、セレス(119)で意識化されたオレンジに光をもたらし、過去のパターンから自由になる機会があります。
私たちの人生に自分の望まないものを生み出す過去のパターンを解くためには、自分自身の影の中に横たわるものを公平に見れることが必要です。
ペルセポネは、私たちがこの可能性に入るために与えられた素晴らしいギフトです。
  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

イクイリブリアムボトル一覧

ポマンダー・クイントエッセンス一覧